2010/7/20 火曜日

【書評】成果報酬は逆効果になる!?-モチベーション3.0

Filed under: 書評:メンタリティ — joshiben @ 22:59:12
4koma_100720_1.png
4koma_100720_2.png
4koma_100720_3.png
4koma_100720_4.png
こんにちは。
勉子です!

今日は、あの『ハイ・コンセプト』の
ダニエル・ピンク、待望の新作!
『モチベーション3.0』をお送りします!

『ハイ・コンセプト』は21世紀に必要な、
新しい能力を考察した、
これからの時代をビジネスパーソンとして生きる人のための、
指南書と言える本でしたが、
この『モチベーション3.0』も、
従来型ではない、これからの時代の「やる気」の引き出し方を、
新しい発想で教えてくれる本です。

この本では、今までのアメとムチを使った成果報酬型では、
社員のやる気をコントロールすることが出来ないと書かれています。
成果報酬型で効果があるのは、ルーチンワークなど、
クリエイティブな要素がないものに限られているそうです。

単純な生産作業であったり、プログラミングなどであれば、それもいいかもしれない。しかし そうした作業の多くは中国やインドに行ってしまい、いまや先進国に残った作業の大半は付加価値を求め、そのつど違うことをする、クリエイティブな作業である

クリエイティブな作業の場合、
報酬はマイナスに作用することがあるそうです。

例として書かれている、
子供のお絵かき実験では、
絵を描くと賞をもらえると分かった子供グループは、
もらえない、もしくは賞があることを知らないグループより、
大幅に絵に対する興味が減るそうです。

これは、報酬によって、
「遊びが仕事」に変質してしまったために、起こるのです。

このように、クリエイティブな作業においては、
報酬はむしろマイナスに作用してしまうのです。


子供に対しては、
お母さんがよくやりがちな
「掃除をしたら、おもちゃを買ってあげる」
などの「交換条件つき」の報酬も、
逆効果になるので、
なるべくやめた方がいいですよ。

では、クリエイティブな作業おいて
どうやったら「やる気」を出すことが出来るのかというと、
それには内発的動機づけが必要なのです。

「内発的動機」とは、自分の内側から沸いてくる、
学びたい、創造したい、世界をよくしたいという、
第三の動機のことです
このことをこの本では、
「モチベーション3.0」と呼んでいます。

■モチベーション2.0
人には報酬と処罰が効果的である
■モチベーション3.0 
人間には、学びたい、創造したい、
世界をよくしたいという第三の動機づけもある

モチベーション3.0を高め、
自分の「やる気」を生み出すには、
「自立性」「マスタリー」「目的」
3つの要素が必要なのですが、
この詳しい説明はぜひ本書を読んでみてください。
読めばきっとあなたも、
やる気がみなぎるはずです!

一つクリエイターの立場から補足ですが、
この本で書かれている、
これからは「報酬よりも内発的動機づけが大事である」
というところには納得するのですが、
よいクリエイターというものは
報酬いかんに関わらず、
「仕事の中に遊びを見つけられる人」を、
いうのではないかと思いました。

この本は、これから部下のやる気を出したい、
マネージャーの方や、
仕事に「やる気」がなくなってしまっている人、
子供の「やる気」を出したいお母さんなどに、
ぜひ読んでいただきたい一冊です。

joshiben 編集後記
最近とっても暑いですねー
昼間はホント溶けてしまいそうなくらいです。

でもそのせいか、
夕焼けがとても綺麗ですね!
今日なんて全部がピンク色の世界で、
思わず、うっとりしてしまいました。

夏の夕暮れの、幸せなひとときを楽しみましょうね。

【お知らせ】

ダダ本第5回会議を23日(金)に開催します。

今回はついに上がったてきた、
初稿ゲラについて書評ブロガーが、
やいのやいのと公開ディスカッションをしてしまいます!

参加ブロガーは、
北のアルファブロガーといえばこのお方、
『俺と100冊の成功本』の聖幸さんと、
わたくし勉子です~

興味のある方はぜひいらしてくださいね!

第5回ダダ本会議詳細
日程: 2010年7月23日 (金) 19:30 [開場] 20:00~21:30 [予定]
場所: 京橋スタンダード会議室D会議室
>>申し込みフォーム
参加費: 500円 (税込)
※当日会場にてお支払いいただきます
定員: 100名
※応募者多数の場合には参加をお断りすることがあります
主催: 株式会社 実業之日本社

<帰ってきた!ブログランキングの星をめざせ!>
勉子と勉子ママでブログランキングの星を目指しています。
クリックで、応援していただけると嬉しいです!
ill_091110_1.png
ill_091110_2.png banner_100601.png ill_100720_2.png
ill_100720_1.png
モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか
ダニエル・ピンク 大前 研一
講談社 2010-07-07
売り上げランキング : 23
おすすめ平均


Amazonで詳しく見る by G-Tools

Popularity: 15% [?]

< comments >
  1. 女子勉さんの言う通りですね。

    > よいクリエイターというものは
    > 報酬いかんに関わらず、
    > 「仕事の中に遊びを見つけられる人」を、
    > いうのではないかと思いました。

    仕事は苦しいし、大変な部分があるけれど楽しい。
    その楽しさが「工夫やアイデアになって」人にも伝わる。

    報酬も、お客様が「いい買い物をした」という付加価値、
    「今回は安くてすまないくらい」という、次につながる満足感を
    与えられた結果としてついてくるものです。
    (なーんてね。報酬が高くても創造力発揮しますよーー!笑)

    コメント by 川島孝之(表参道の小さな広告屋から) 2010/7/31 土曜日 13:45:47

  2. 川島さんへ

    >仕事は苦しいし、大変な部分があるけれど楽しい。
    >その楽しさが「工夫やアイデアになって」人にも伝わる。

    ホントまさにそういうことだと思いますよ。

    内的動機が大事なのはもちろんですが、
    私も報酬が高くても想像力、問題ありません!

    コメント by joshiben 2010/8/15 日曜日 19:15:18

コメント RSS トラックバック URI

コメントをどうぞ

Copyright © joshiben. all rights reserved.