2008/11/15 土曜日

【書評】伸びる会社の秘訣ーP&G式世界が欲しがる人材の育て方

Filed under: 書評:ビジネススキル — joshiben @ 12:28:42
こんにちは!josiben です!
「更新まめに出来るかも?」とか言っておいて
ぜんぜん、いつも通りですみません…。
今度から、出来ない事を安易に言うのやめます。(汗)

さて、今日は最近読んだ本の中でも特にオススメな、
「P&G式世界が欲しがる人材の育て方」を、
お送りしたいと思います!

このP&Gという会社、
日経WOMANが独自調査した「女性が働きやすい会社」
2008年の一位に選ばれていた事もあり、
ずっと joshiben が気になる会社でした。

今回、「P&G式世界が欲しがる人材の育て方」を読んで、
その一位の秘密が分かったというか、
「女性だけでなく、人材そのものに、
とても力を入れている会社だから、
一位が獲得出来たのだな」
という事がよく分かりました。

まず、その人材育成の徹底ぶりがすごいです。
こう書くと「いやー、人材育成はうちもしてますから」
と思う人は多いと思うけど、
その本気度合いが違うと思います。

P&Gさんでは、人の評価の仕方が、
ビジネスの成果と部下のトレーニングが、
50%対50%
でされます(※1)。

人材育成にここまで比重がおけるって
すごくないですか?

つまり仕事が出来ても、部下が育てられないと
「君はビジネスはいいけど、育成はダメだね」と、
言われてしまうのです。

よくありがちなのは、会社に一人とても優秀な、
カリスマ的な人がいて、
彼(彼女)がいないと回らない!とかね。
こういう状態は、実は会社という組織にとっては、
あまりよろしくないのではないか?思いました。

P&Gの人材育成
人材育成の他にも、この本では、

■1ページメモ
■ファクトブック
■ブレインストーミング
■メンター制度
■WSWセミナー
■ダイバーシティ


など伸びる企業が導入している
ビジネススキルが沢山紹介されています。

さらに、3Eリーダーシップモデルと言って、
リーダーシップを明確に定時したものも紹介されていて、
たとえば、例を上げると、

■ヴィジョンを作り、常にヴィジョンを揚げる
■限界でなく可能性に焦点を当てる


などですね。

この逆バージョンのリーダーとしてダメな行為が 面白いです。
幾つか上げてみますね。

■ヴィジョンがない
■可能性がないとあきらめる
■本人に信念がない
■権力を独占する
■個性の強いものは嫌う


どれも「そら、ダメだろー!」って感じなのですが、
けっこう気がつかないうちに、
陥っている場合もあると思うので、
ちょっとでも人を導く立場にある人は、
読んでおいた方がいいと思います。

この本は、少しでも部下を育てる立場にある人、
または、会社経営に携わる人に読んでいただきたい、
そんな一冊です。

※1 この数値は、和田さんが教育を受けた当時のものであり、
業績評価基準は変化するので、
現在のP&Gさんが、50%対50%かは分かりません。
ブログランキング参加中です。
記事の反応が、よりリアルに分かるので、
よかったら応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへおじぎ勉子
P&G式世界が欲しがる人材の育て方

P&G式世界が欲しがる人材の育て方


  • 著者:和田浩子
  • 出版社:ダイヤモンド社
  • 発売日:2008/08/22

Popularity: 11% [?]

< comments >
  1. こんにちは(^^)まめと申します。

    「カリスマがひとりいるよりみんなが同じくらい仕事できるほうが会社として強い」という考えたには納得させられました!!
    私はまだ学生なのでアルバイトしか経験したことがありませんが、
    一人出来る人がいるとその人にばかり負担が集中してしまって
    いる時といない時の差がすごく大きいんです。
    自分の力不足も実感するのですが、もっとみんなでフォローしあえる関係でないと
    良くないですよね。

    とても興味をもったので、読んでみようと思います(>▽<)

    コメント by まめ 2008/11/15 土曜日 18:04:12

  2. joshibenさんは「更新を怠りがち」とおっしゃいますが、
    何せ1回ごとの中身が濃いからなー。

    文章に、本の紹介(リンク)、漫画、マインドマップ…。

    まったくの「文字だけ」、それも「そんなに長文ではない」
    私などは、いつも感心しております。

    これからも、開店していない日があるかもしれないけど、
    お店の前は通りますね。

    コメント by 川島孝之(表参道の小さな広告屋から) 2008/11/15 土曜日 23:20:06

  3.  こんばんは、今うちの会社に足りないものがこれです。飛び出た人物はあっという間に上にあがっていきますが、平均的な社員のスキルアップを面倒見るシステムが皆無。OJTに頼るだけでは、パワーに偏りが出てしまいます。ぜひ参考にしてみたい一冊ですね。情報ありがとうございます。

     ところで。こんなこと書くのは失礼かもしれませんが、冒頭の3行に「すみません。」という文字はいらないと思うんですが。それよりも「お待たせしました!」みたいな意気込みの方が読みやすいと私は思います。いつも楽しいイラスト期待してますので。

    コメント by 多ぁ忙 2008/11/15 土曜日 23:35:28

  4. >まめさん

    いつもありがとうございます!

    カリスマ的な人がいる職場ってどうしてもそうなりがちですよね。

    まめさんはまだ学生さんですよね?
    これから就職活動をする人は、
    ぜひ読んでおいていただきたい一冊です!

    コメント by joshiben 2008/11/16 日曜日 1:03:59

  5. >川島さん

    いつもありがとうございます!

    毎日見にきてくれている人に、
    「また更新してないなー」と思われると、
    悪い気がしてしまうんですよね…。
    出来たら、もうちょっとまめにしたいのですが、
    これが限界なのかもと、最近は思ったりしてます。

    川島さん、よかったらRSSで見ていただけると、
    更新情報がすぐに分かります!

    コメント by joshiben 2008/11/16 日曜日 1:09:29

  6. >多ぁ忙さん

    本当にいつもありがとうございます!
    そして、適切なアドバイスありがたいです。

    確かに「すみません!」ばっかり言ってるサイトってへんですよね。
    今度から「おまっとさんです!」くらいの感じで行こうと思います!(笑)

    多ぁ忙さんの会社にかぎらず、
    日本の会社はP&Gさんのような事が、
    出来ていないところが多いのではないでしょうか?
    人材育成はすごく難しいけど、すごく大事ですよね…。

    コメント by joshiben 2008/11/16 日曜日 1:15:39

  7.  こんばんは。自分のコメントから1ヶ月がたってしまいましたが、この本読んでみました。P&Gの出身者が活躍できる仕組みをちょっと覗けたような気がします。
     「カリスマ」だけでは継続的な成功は得られない。継続的な教育システムがどれだけ重要かを改めて勉強させてくれました。さきほどブログにアップしました。
     今回は、貴重な一冊を読むきっかけを与えてもらいありがとうございました。

    コメント by 多ぁ忙 2008/12/21 日曜日 1:10:32

  8. >多ぁ忙さんへ

    本読んでくださったんですね!
    ブログにも書いていただき、ありがとうございました!

    教育システム大事ですよねー
    ここまで徹底出来る企業は、それは強いはずだと思います。
    日本の企業にも、このシステムが浸透して行くといいのですが…。

    コメント by joshiben 2008/12/21 日曜日 16:13:28

コメント RSS トラックバック URI

コメントをどうぞ

Copyright © joshiben. all rights reserved.