2009/8/4 火曜日

【書評】「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!

Filed under: 書評:時間管理 — joshiben @ 23:21:48
早起きで人生に余裕を持とう! その1
早起きで人生に余裕を持とう! その2
早起きで人生に余裕を持とう! その3
早起きで人生に余裕を持とう! その4
人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ

こんにちは!勉子です!

今日、ご紹介するのは、
私を早起き習慣に導いた本、
『「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!』です。

早起きは、ビジネス書を読むようになって、
仕事の出来る人や成功している人達が、
勧めている習慣の一つだったので、
身につけたいとずっと思っていたのですが、
長いクリエイター生活で、
すっかり夜型になってしまい、
どうしても身につかないでおりました。

「私には早起きは無理だ…」

そうあきらめかけていたのですが、
この本で、早起きへの抵抗がなくなりました。

著者の池田さんも、ずっと早起きだったわけではなく、
挫折を幾つも経験されて、その脱却方法として、
「朝4時起き」という答えを自分で編み出されたのです。

最初から朝が得意な人が、
得意げに書いた本だったら、
まったく共感は出来なかったと思うのですが、
ダメな部分も全部丁寧に書いていてくれるので、
すごく自分と重ねてみられて、
「もしかして私にも出来るかも?」と自信を与えてくれました。

さっそく早起きのコツを幾つか、ご紹介しますね。

■熱いシャワーでシャキと目覚める

「目覚ましゲーム」で一気に起き上がった後は、思いっきり伸びをし、冷蔵庫で冷やしておいたおしぼりを首筋に当てます。そうすると、一気に目がパッチリ。その後、すぐに熱めのシャワーを浴びます。

「目覚ましゲーム」とは、
隣で寝ている旦那さんを起こさないように
プレッシャーをゲーム感覚で楽しむというものです。

私も、池田さんのまねをして、
起きたてで眠たい状態でも、
すぐにシャワーを浴びるようにしたら、
これがすごくよかったです!

朝の熱いシャワーで、シャキッと目が覚めるんですよねー

■朝4時起きに失敗しても、6時

4時に時計をセットすれば、寝坊しても6時に起きられるのです。いつも7時8時に起きている人にとっては、6時に起きられたらだいぶ充実度が違うと思います。だからダマされたと思って、朝4時起きに挑戦してみましょう。

実は、私がこれです。(笑)
私は、4時には起きていないのです。
4時に起きるつもりで行動し、目覚ましをかけて、
だいたい6時に起きているのです。

いや、ずっと夜型だった私にとっては、
これでも快挙ですよ?

今までは、6時に起きようとして8時になってしまい、
結果「早起き失敗」って、なっていたのですが、
今の4時を目指して6時だと成功体験になるので、
自分を責めなくて済むのです。

これは気がつかなかったですね。

■タイムプレッシャーを作る

「8時半までにあれとこれを終わらせる!」といったように、最初に段取りを決めてしまい、8時半までの時間を、徹底して決めたことを終わらせるために使うのです。

タイムプレッシャーは大事ですよね。
夜だとついつい、時間があると思ってダラダラとネットや
Twitterをやってしまいがちだし、
朝に、スケジュールを組んで、
タイムプレッシャーを与えながらやる、
というのは、かなり効果があると思います!

池田さんも「私は朝のその静謐な空気が大好きです」と書いていますが、
朝ってほんと空気が違いますよね?
凜として、とても気持ちがいいです。

気持ちも夜と違って自然とポジティブになれるのがいいですね。
ぜひ、みなさんも「朝4時起き」トライしてみて下さいねー

この本は、いつも1日があっという間に、
過ぎてしまうと思っている人や、
早起きが出来なくて悩んでいる人にオススメです。

joshiben 編集後記
先日、甥っ子たちと一緒にテニスをやりました。

小学生は今、夏休み真っ最中なんですよねー
彼らと一緒に、テニスで遊んだ後は、
Willの卓球やボウリングで
くたくたになるまで遊びました。
この全身が疲労した感じ、久しぶりでしたよ~

帰り道、ひぐらしの声を聞きながら、
自分の小さい頃の夏休みを思い出していました。

大人になると、夏休み!って感じがどんどん薄くなるけど、
子供達は今でも変わらず、あの夏休みを過ごしているんですね。

【お知らせ】
新刊JPさんでは、
『この夏、絶対に読みたい100冊「新刊JP的 夏の100選』
というフェアが8月1日よりスタートしています!
『女子勉』も、
「アルファブロガーが選ぶこの夏の1冊」というカテゴリーで、
夏に読んでおくべきオススメ本を1冊紹介しているので、
ぜひ見てみて下さいね~

【この夏、絶対に読みたい100冊「新刊JP的 夏の100選】
>>アルファブロガーが選ぶこの夏の1冊

人気ブログランキングに参加しております↓
ill_090804_1.gif
ill_090804_2.gif 人気ブログランキングへ ill_090804_3.gif
ill_090804_4.gif
「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす! 「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!マガジンハウス 2009-07-23
売り上げランキング : 162
おすすめ平均


Amazonで詳しく見る by G-Tools

Popularity: 16% [?]

2009/2/17 火曜日

【書評】ハックを使って時間を効率化しよう!ーTIME HACKS!

Filed under: 書評:時間管理 — joshiben @ 22:41:36
ハックを使って時間を効率化しよう!ーTIME HACKS!
こんにちは!joshibenです!

突然なのですが、
実は私には大きな悩みがありまして…。

昔からずっと悩んで来ていて、
今も解決していない問題。。
今日の4コマからも想像出来ると思いますが、
それはずばり…。

時間管理です!!

私がビジネス書を読もうと思ったのは、
この時間管理に悩んでいたのが、
きっかけだったのですね。

数々のビジネス書を読むようになり、
時間の使い方はそれまでとは一変しました。

以前の私の、時間の使い方を知りたい方は、
こちらの記事を参考にして下さい↓

【書評】最強女子に学ぶ、超時間投資法(前編)
【書評】最強女子に学ぶ、超時間投資法(後編)

一変して、
投資の時間がめちゃめちゃ増えたのはいいのですが、
ブログなんかを始めたせいもあり、
時間がないのはやっぱり相変わらず…
なのですよねー!

そんな中、ご紹介したいのが、
ハックシリーズでお馴染みの小山龍介さんの、
「TIME HACKS!」です。

このシリーズは装丁が素敵で、
本屋さんで新しい本を見つけると、
ついつい買いたくなってしまいます。

内容も、時間効率の小ネタが沢山紹介されていて、
その中から自分に合ったものを、
チョイスして使う事が出来るのがいいのです。

幾つかご紹介しますね。

ポストイットをあらかじめ貼っておく

もう一つの方法が、画期的です。ポストイットを貼り付けるであろう場所に、最初から貼り付けておくという方法です。

小山さんが愛用のポストイットは
私も愛用しているこちらですが↓

3M ポスト・イット フラッグ 透明見出し・エコノパック 6色混合

持ち運びに便利だし、
はがれにくくて、とってもオススメです。

細かいスケジュールは忘れる

スケジュールは「記憶」するものではありません。かわりに、しっかり「記録」しておくべきなのです。

小山さんはGoogle Calendarを
カテゴリーごとに色分けする方法で
使っていらっしゃるそうです。

年収の半分を投資する

時間を投資して経験を得る。その目安となるのは、年収の半分かな、と思っています。500万の年収であれば250万円分。これを自分コストで考えると、年間の勤務時間の1800時間の半分、900時間分となります。それを経験に投資する。つまり、今までやったことのないことに時間を費やすのです。

さすがに、半分というのは私は無理ですが、
極力、投資の時間を増やして、全体の2割でも新しい事に挑戦して行くとうのは、
必要ではないかと思います。

こういったハックを上手に利用して、
時間を効率よく使いたいものですね!

ところで、
本の中で一番印象に残ったのが、
下記の言葉です。

仕事が出来る人は決して「忙しい」とは言わないのです。そして忙しい人に限って、休む時は徹底して休んでいるんです。時間に追い立てられていないんです。ちょっと恐ろしい事を言うと、「忙しい」と口癖のように言っている人ほど、仕事が出来ない。私も昔そうでしたし、今でもたまに言ってしまうので、言った後にゾッとします。

これ本当にそうだと思います。
そして耳がとっても痛いです。

あいたたた。。

時間は常に今しかないという事で、そして今の積み重ねが、夢の実現へと繋がるのです。

この言葉、先日、セミナーで小山さんにお会いして、
直接、お話しを聞いたばかりなので、
非常に重みがあります。

小山さん自身、
こうした積み重ねで、
夢を実現してきた方なので、
こういう言葉が出てくるのだと思います。

今、何を選択して、
何に時間を使って行くのかが、
重要なのですね。


この本は、ハックを利用する以外にも、
自分の時間の使い方について、
もう一度きちんと考える、
よい、きっかけになる本だと思いますよ。

いつも時間がないないと思っている人は、
ぜひ、読んでいただきたい一冊です。

【joshiben 編集後記】

バレンタインデーは、
「出逢いの大学」の千葉智之さん主催のセミナー
『出逢いの大学』特別講座 vol.2 ~ブランド人の発想勉強術!~出逢いの大学
に行って来ました。

講師は今日ご紹介した、
小山龍介さんです。

実際に小山さんにお会いした感想は、
やっぱりベストセラー著者は話しが、
めちゃめちゃ面白い!
という事ですねー
特に懇親会でのお話しが
個人的には、とってもためになりました。

このセミナーは、主催がちばともさんだけに、
「人と出会う事の重要性」に、
気がつかされるよいセミナーでした。
私も「いい仕入れ」をどんどん増やしていけたらと思います。
ちばともさん、小山さん、ありがとうございました!!

ブログランキングの星になろうとがんばっています。
よかったら応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへおじぎ勉子
TIME HACKS! TIME HACKS! 小山 龍介東洋経済新報社 2006-12-01
売り上げランキング : 3103
おすすめ平均
Amazonで詳しく見る by G-Tools

Popularity: 11% [?]

2008/8/27 水曜日

【書評】最強女子に学ぶ、超時間投資法(前編)

Filed under: 書評:時間管理 — joshiben @ 23:53:20
nenshu10_jikan1.jpg

無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法


  • 著者:勝間和代
  • 出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2007/10/12
今回のお題はずばり時間管理です。
みなさんは時間管理上手に出来てますか?
私はもーぜんぜんダメなタイプで、
いつも「時間がない時間がない」と言っている人でした。

そもそも、働く女性は時間がいくらあっても足りないものなのです。

メインのお仕事の他にも、掃除などの家事はもちろん、
女の身だしなみとして、ファッション雑誌も目を通し、
メイクもきめて、髪型も美容院で素敵にしてもらい、
体型維持のためのスポーツはかかさないで、
仕事の疲れを取るためのマッサージも定期的にいき、
そうそう、毒も出しておかないとねーって岩盤浴にいったと思ったら、
最後は、趣味の習いごとと。

そりぁー、一日が36時間だったとしても足りませんよ。

そんな中で出会った、この本。
なんと筆者の方は3人のお子様がいらっしゃるのに、
年収を16年間で10倍に上げて、 なおかつ日々の勉強をおこたらないという、
スーパーウーマンであられます。
書店の売り上げランキングで常に上位にいらっしゃるので、
ご存じの方も多いと思いますが、 その方は勝間和代さんです。

勝間さんの本はここ1~2年で沢山出ていて、
どれもとってもオススメなのですが、
まず最初は、時間管理から行こうと思います!

勝間さんのプロフィールを見ると
すごい経歴でいったいどこにそんな勉強する時間があるのだろう?と思うのですが、
しかもお子さんが3人ですよ??
自分に置き換えると、子供は一人でも手一杯だと思います。

しかしながら、本を読んで納得です。
ここまでするのかっ!というテクニックが満載です。
幾つか紹介すると、

■手帳の活用。
手帳を時間のコントロールタワーに!
■自転車の活用。
勝間さんは都内の移動はほぼ自転車。
移動式ナビを自転車に付けているので迷う心配なし!
■ITフル活用。
おやゆびシフトやgoogle、名刺管理ソフト。
■アウトソーシングの活用。
まつ毛パーマやシッター、レーザー脱毛。

などなどなど…。
全部は紹介しきれませんっ!!

この本のいいのは、ただのテクニック集になっていなくて、
「どうして人が時間管理に失敗してしまうのか?」という
その原因を分かりやすく説明していて、
その上で、時間管理に大切な原理原則
実践のための具体的なテクニック
紹介してくれているのです。

なのでテクニックだけに走って3日坊主とか、
理論だけで実際どうやったらいいのか分からん!
といった事がありません。
勝間さんの本はどの本もそうですが、
ホントお得なんですよね~

と、またまたけっこう長くなってしまいました。
なので今回もすみませんが前後編でお願いします。
次回はこの本で私が実践して、
とてもよかった点を詳しくお話ししたいと思います。
下記に、本の内容をマインドマップ化してありますので、参考にどうぞ。

nenshu10_jikan2.gif
画像をクリックすると拡大します

■この本をおすすめしたい方
  • 自分の時間の使い方はうまくないと思っている方
  • いつも時間がない方
■この本の「これだけは取り入れたい!!」
  • 時間管理マトリックス(詳しい説明は次回に!)
ブログランキングはじめてみました!
応援していただけるとマインドマップを描く手に気合いが入ります!
人気ブログランキングへ

Popularity: 14% [?]

Copyright © joshiben. all rights reserved.