2009/1/29 木曜日

【書評】読めば肉となる!ーこの世でいちばん大事な「カネ」の話

Filed under: 書評:マネー&会計 — joshiben @ 19:55:27
働くことが、生きること
こんにちは!joshibenです!

今日は、最近読んだ本の中で、
めちゃくちゃよかったけど、
中学生~大人を対象としたシリーズの本なので、
ビジネス書というジャンルからは
外れているかなーと思って、
紹介するのをためらっていた、
西原理恵子さんの、
「この世でいちばん大事な『カネ』の話」を、
お送りしたいと思います!

小飼さんのところでも、
ディスカヴァーの干場社長のところでも、
紹介されていたし、「まっ、いいか?」
というわけではなくてー(笑)

いやいやホント、
ある意味、ビジネス書よりも、
人生の役に立つ本ですよこれは!


まず、西原さんの人生が半端ないです。
どん底から這い上がってきた!とは、
まさに、西原さんのためにある言葉ですね。

西原さんは、 家が本当に大変な時に
なけなしの100万円をお母さんにもらって、
美大に行くのですが、
同じ美大出身者として、
そして、美大に行ったはいいが、
大して絵が上手くなかった者として、
これは本当にそうだろうと、
思ったところを引用します。

そもそも、私の目標は「トップになること」じゃないし、 そんなものハナからなれるけがない。 じゃあ、これだけは譲れない、いちばん大切な目標は何か。 「この東京で、絵を描いて食べていくこと」。
だとしたら肝心なのは、トップと自分の順位をくらべて卑屈になることじゃない。 最下位なわたしの絵でも、使ってくれるところを探さなくっちゃ。 最下位の人間には、最下位の戦い方がある!

これって、絵にかぎらず言える事ですよね?
「最下位の戦い方」はビジネスの世界でも、
多いに役に立つと思います。

ところで、4コマで使った、
横っ面をひっぱたかれるイメージですが、
下絵を描いた後、
もう一度、干場社長のブログを読んだら、
まったく同じ表現がされてましたね。(汗)

「あらー」と思って、
一瞬、表現を変えようかと考えたけど、
私の受けた衝撃を適切に表現したかったので、
あえて、ままで行かせていただきます!

実際の西原さんの文章は「よりみちパン!セ」が、
中学生以上の人対象という事もあり、
(なので漢字全てにルビ付きです)
あったかい、おかーちゃんのような口調で書かれていて、
読者に対して厳しいことは言っていないのですが、
書いてある内容に、すごい衝撃を受けるんですよねー
ホント、目が覚めましたよ。

本当は十分幸せなはずなのに、
その幸せに気がつかないで、
自分ちょっと不幸って、
思っている人って多いじゃないですか?
いや、私も人の事は言えないんですけどね…。

「もっと自分に合った仕事」とか、
「私がもっと活かせる何かー」とか、
「もっと幸せな未来ー」とかとか。。

なんつー甘さだと。。

西原かーちゃんのあったかい
ビンタで目が覚めて、
私は、今、ここでこうして、
仕事が出来る幸せに気づく事ができました。


この本はお金の話をしていますが、
それと同時に、働くこと、生きることを
教えてくれています。

特に最後ページである、
234~235ページは、
じっくりと読んでみて下さいね。

「働くことが、いきること」という
西原さんの魂のメッセージが
あなたの胸にガツンと届くはずですよ。

【joshiben 編集後記】

実は私、西原さんの名前は
もちろん知っていたのですが、
作品をきちんと読んだ事がなくてですね、、、

凶暴そうな絵を描く人だなー(失礼!)
ぐらいに思っていたのですが、
この本で一気にファンになりました。

すぐに「毎日かあさん」を買いに
走ったのは言うまでもありません。
こちらもよかったですよ!

ブログランキングの星になろうとがんばっています。
よかったら応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ
ブログランキングの星をめざせ!
この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ) (よりみちパン!セ) この世でいちばん大事な「カネ」の話
(よりみちパン!セ)
西原理恵子
理論社 2008-12-11
売り上げランキング : 3
おすすめ平均
Amazonで詳しく見る by G-Tools
毎日かあさん カニ母編 毎日かあさん カニ母編 西原 理恵子毎日新聞社 2004-03
売り上げランキング : 2737
おすすめ平均
Amazonで詳しく見る by G-Tools

Popularity: 11% [?]

2009/1/26 月曜日

【書評】すごいアイデアの法則が分かる!ーアイデアのちから

Filed under: 書評:アイデア&図解 — joshiben @ 17:31:22
記憶に焼き付くアイデアとは?
こんにちは!joshibenです!

今日は、前回急遽レバレッジ・マネジメント
ご紹介したので、一回伸びましたが、
宣言通り「アイデアのちから」
ご紹介したいと思います!

この「アイデアのちから」と、
前々回の、「急に売れ始めるにはワケがある」
さえ読んでおけば、自分のアイデアで
口コミを作る方法は、ほぼ頭に入ると思いますよ!

「急に売れ始めるにはワケがある~」では、
ティッピング・ポイントを起こすメカニズムには
「少数者の法則」「粘りの要素」「背景の力」
の3つがあるとお話ししました。

「アイデアのちから」は、
この中で「粘りの要素」部分を抜き出し、
記憶に焼き付くアイデアの特徴を、
SUCCESs(サクセス)の法則として
まとめてくれています。

【SUCCESs(サクセス)の法則】

(1)単純明快である(Simple)
(2)意外性がある(Unexpected)
(3)具体的である(Concrete)
(4)信頼性がある(Credible)
(5)感情に訴える(Emotional)
(6)物語性(Story)

「自分の伝えたい事がなかなか相手に届かない!」
というのは誰でも経験がありますよね?

その場合、自分のメッセージやアイデアが
この法則に当てはまっているかどうか、
見直してみるとよいといいです。

特に面白いなーと思ったのは、
「知の呪縛」という表現でした。

いったん何かを知ってしまったら、 それを知らない状態がどんなものが、うまく想像できなくなる。 知識に「呪い」をかけられているのだ。 そうなると、自分の知識を他人と共有するのは難しい。(P31)

これって、お仕事のシーンでも、
よく起こりがちですよね?

知識を持っている人は、
その知識が沢山あるせいで、
知らない人へ話をする時に、
「あれもこれも話さなきゃ!」となって
話が複雑になりすぎるか、
逆にひどく簡単なメッセージに劣化させ過ぎてしまう…。

きっと会社で部下を持つ多くの人は、
この悩みを持っているでしょう。
こんな場合にもSUCCESs(サクセス)の法則は役に立ちます。

本では豊富なエピソードで、
SUCCESs(サクセス)の法則1つ1つを、
分かりやすく説明してくれているので、
ぜひ読んでみて下さいね!

【joshiben 編集後記】

ブロガーマトリックスの水野俊哉さんの
セミナーに出てきましたー
水野さんの熱い思いがほとばしる
セミナーになっておりましたね!

懇親会もとっても盛り上がって
楽しい時間が過ごせました。
お話しさせていただいた方々、
ありがとうございました!!

ブログランキング参加中です。
記事の反応が、よりリアルに分かるので、
よかったら応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ
ブログランキングの星になれ!
アイデアのちから アイデアのちから
飯岡 美紀
日経BP社 2008-11-06
売り上げランキング : 335
おすすめ平均
Amazonで詳しく見る by G-Tools

Popularity: 11% [?]

2009/1/22 木曜日

【書評】出来る経営者の思考法が分かる!ーレバレッジ・マネジメント

Filed under: 書評:ビジネススキル — joshiben @ 22:31:20
経営者の考え方を身につけよう!
こんにちは!joshibenです!

今日は本田直之さんの最新刊です!

本田直之さんといえば、
レバレッジシリーズで有名ですよね?

そのレバレッジシリーズから
経営者向けに書かれた、
レバレッジ・マネジメント」についてご紹介したいと思います。

本当は前回の「急に売れ始めるにはワケがある」
続きで読んでいただきたい、
「アイデアのちから」にしようと思ったのですが、
「レバレッジ・マネジメント」があまりによかったので、
急遽予定を変更してお送りします!

経営者向けの本ということで、
女性から、「ええっー!経営やらないもん」という
声が聞こえてきそうですが、
ビジネスをして行く上で、
非常に役に立つ思考が学べるので、
この「考えるツール」は働く女性であったら、
持っていて損はないと思いますよ!

なんというか、このレバレッジ・マネジメントは
言葉一つ一つが、 かなり胸に響きますね。

あんまり響いたのと、
言葉を忘れたくなかったので、
本を読んだ後すぐに、いつもは作っていない、
レバレッジメモまで作ってしまいました。

それぐらい書かれている言葉がいいんですよ。

構成としては、下記6つの章から出来ています。

1.経営者のレバレッジ
2.戦略のレバレッジ
3.営業のレバレッジ
4.ブランドのレバレッジ
5.仕組み化のレバレッジ
6.組織のレバレッジ


この中から少しだけ、
joshibenが気になった言葉を、
上げてみますね。

2.戦略のレバレッジ

ベンチャー企業でうまくいっている会社と苦労している会社の違いは、
積上げ継続型のビジネスか、一過性の売上がベースのジスネスかによる。

3.営業のレバレッジ

しかし、「盛況感」だけはただ一つ、すべての顧客が欲しがっているものと言ってよい。

4.ブランドのレバレッジ

どんなに素晴らしい商品やサービスがあっても、
ブランドがなければ、実力がないのと同じことである。

あなたの会社の事業も、競合が一社もないということはないだろう。
それなら、デザインはけっしておざなりにすべきではない。

5.仕組み化のレバレッジ

自分にしか出来ないこと、人に任せればよいことを考えるというのが、第一段階だ。 次にそれらすべてに対して「仕組み化できるかどうか」を考えていこう。

経営に携わっている人でなくても、
フリーランスで仕事をしている人とか、
将来は独立したいと思っている人には、
ぜひ、読んでいたただきたい一冊です。

■関連記事
【書評】あなたに読書革命が起きる!?ーレバレッジ・リーディング

【joshiben 編集後記】

以前から、ちょっと気になっていた事があるのですが、
それは回りの女性で「RSSリーダーを使ってます!」
という人がとっても少ないなーという事です。

ためしに、前回の編集後記でも書いた、
オール女子新年会で、
ちょっとしたアンケートをとることにしました。

新年会のメンバー8人中、実際何人が
RSSリーダー使っているのか聞いてみたのです。

答えは、なんと2名だけ。
そのうちの1名は私です。
これはちょっと、少ないですよねー?

ちなみに、同じ質問を男性にした場合、
ほとんどの方は、RSSリーダーを使っているんですよねー

てなわけで、女性向けに、
RSSの使い方の記事を書こうと思っていたら
先日、勝間さんが丁度よい記事を上げていました。
googleリーダーの登録方法です。

■勝間和代公式ブログ: 私的なことがらを記録しよう!!
http://kazuyomugi.cocolog-nifty.com/private/2009/01/3rss-a548.html

■3分で設定できる 超カンタンRSSリーダー解説
http://www.kansatobunseki.co.jp/modules/tinyd0/index.php?id=56

RSSリーダーは一度使うと、
その便利さで手放せなくなりますよ。
ぜひ、女性のみなさんも活用してみて下さいね。

ブログランキング参加中です。
記事の反応が、よりリアルに分かるので、
よかったら応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへおじぎ勉子
レバレッジ・マネジメント―少ない労力で大きな成果をあげる経営戦略』 レバレッジ・マネジメント―少ない労力で大きな成果をあげる経営戦略』
本田 直之
東洋経済新報社 2009-01-16
売り上げランキング : 26
おすすめ平均
Amazonで詳しく見る by G-Tools

Popularity: 11% [?]

次のページ »

Copyright © joshiben. all rights reserved.