2009/2/26 木曜日

【書評】「断る力」身につけてる?ー断る力

Filed under: 書評:ビジネススキル — joshiben @ 12:59:16
「断る力」身につけてる?
毎度お待たせしております!joshibenです!

今日ご紹介するのは、
勝間さんの新刊で「断る力」です。

いやー、
さすが勝間さん、
目のつけどころがうまいなーと…。

男性はどうか分かりませんが、
女性は「断る力」持ってる人って、
少なくないですか?

回りを見ても、
上司やクライアントから仕事を振られて、
断る人ってほとんどいないですよ。

私自身、たぶん普通の女性よりかは、
はっきり断るタイプだとは思うけど、
それでも、めったには断らないし、
上手な断り方は身につけていないと思います。

そして、そんな断れない女性達は、
どんどん仕事を抱えてしまい、
超時間労働をするはめになってしまうんですよね…。
この働き過ぎな女性、回りにとても多いです。

では何故、女性が断りベタかというと、
「回りの人に嫌われたくない」という思いが
強いからではないでしょうか?
ここで断ると、この人との関係にヒビが入るのが、
怖くていい顔をしてしまうのだと思います。

この「断る力」では、
断れないメンタル部分からの改善方法がよく
書かれている本です。

「断る力」のメリットは、色々ありますが、
一言で、言うと、

「自分が集中するべきことに時間と力を集中することが出来る」
ということでしょうか?
こうすると、時間に余裕も生まれるので、
それを、さらなる自己投資に時間を使えるわけですね。

逆に、「断らないこと」のメリットは

「モノを深く考えなくて済む」

ということで、
これは確かに、自分の会社員時代を
考えてもそうだったなと思います。
言われた事をままやるのって、
正直楽なんですよね。。

上司の言われたことをこなすだけでは、
コモディティ(他でも代替がきく汎用的な人員)を
抜け出して、スペシャリティになる事は、
出来ないのかもしれません。

「断る力」のメリットを、
私の身近な例でご紹介しますね。

友人で、すごく「断る力」のある男性がいるのですが、
彼は見ていると、本当に仕事をガンガンに断る。
(仕事はWEBデザイナーです)
もちろん、めちゃめちゃ実力があるから、
出来る事だと思うのですが、
その思い切りのよさはすごいなと、
いつも思っていました。

そうして、厳選された仕事には、
それこそ全力を傾けてやるので、
最終的なアウトプットは、
いつもとても完成度の高いモノになり、
仕事がいいから、また次の仕事が舞い込むと…。

まさに、「断る力」の好循環を生み出していたと思います。

ただここで、気をつけたいのは、
「なんでもかんでも、断ればいいというものではない」
と言うことですね。
断るには、私の友人の場合もそうですが、
それなりの実力がある事が前提ですし、
今の時代誤った「断る力」の使い方をすると、
かなり、恐ろしい事が待っていると思います。

断る時は、
何故断るのかの、しっかりとした説明を行った上で、
さらによい提案が出来るくらいに主体性を発揮する事が、

大事なのですね。

ぜひ、みなさんも上手な「断る力」「実力」を身につけて、
スペシャリティを目指してみて下さいね。

この本は、いつもいい人になり過ぎて、
仕事を抱えてしまう人、
人から嫌われるのが極端に怖いと思っている人に、
オススメな一冊です。

【joshiben 編集後記】

春の花を買いに行きました。

黄色い花が綺麗な「エニシダ」と
「パンジー」です。

昨日ガシガシと植え替えをして、
飾ってみたのですが、
やっぱり春の花はいいですねー
見ていると癒されます。

これから、水やりを忘れないようにしないと!
ブログランキングの星になろうとがんばっています。
よかったら応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへおじぎ勉子
断る力 (文春新書) 断る力 (文春新書)
勝間 和代
文藝春秋 2009-02-19
売り上げランキング : 11
おすすめ平均
Amazonで詳しく見る by G-Tools

Popularity: 14% [?]

2009/2/21 土曜日

【書評】社会に出たらIQよりもEQが大事!?ーEQ

Filed under: 書評:メンタリティ — joshiben @ 21:00:21
大切なのは心なんだ!
こんにちは!joshibenです!

さて、常日頃このブログで、
ビジネスビジネスと言っている joshiben ですが、
仕事をしていく上でも大切なのは、
もちろんだと思ってます。

joshiben こう見えてハートフルです。(ほんとか?)

最終的にお仕事をする相手が人である以上、
心はとっても重要な部分ですよね?

そこで今日ご紹介したいのは、
「こころの知能指数」を書いた「EQ―こころの知能指数」という本です。

IQはみなさんご存じの通り、
知能指数です。
学生時代はこちらばかりが重要視されますが、
社会に出てからIQだけが高くてもだめなのですね。

EQとは、本の中の言葉を引用すると、

自分の本当の気持ちを自覚し尊重して、心から納得出来る決断を下す能力。衝動を自制し、不安や怒りのようなストレスのもとになっている感情を制御する能力。目標の追求に挫折したときでも楽観を捨てず、自分自身を励ます能力。他人の気持ちを感じとる共感能力。集団の中で調和を保ち、協力しあう社会的能力。

とあります。

昨今は、このEQが低いせいで
起きる犯罪が激増してると思いませんか?
テレビに流れる悲惨なニュースを見ていると、
感情のままに突き進んでしまう事の、
危険性を痛感させられます。

EQの基本は「情動の自己認識」です。
自分の気持ちを自分できちんと理解するという事が、
もっとも大事なのですね。

何故大事かというと、
人って意外と、
自分の本当の気持ちを、
自分で分かっていない場合が多いからです。

たとえば、カッとなって怒っている時は、
自分が今どういう感情なのか、
認識出来ていない場合がほとんどです。
「自分が今感じているのは怒りである」と認識する事が
まずEQの第一歩なのですね。

そして、自分の気持ちを理解すると、
次は、自分の感情をコントロール出来るようになります。

自分の感情をコントロール出来るようになった後、
さらに必要なのは、
相手の気持ちにも思いやれるようになる事です。

この自制共感こそが、
今の時代になにより必要だと、
著者のゴールマンさんは言っています。

あと、この本を読んで一番衝撃を受けたのは
子供の情動教育部分です。

人生最初の四年間に学習する情動は、その人の一生におおきな影響をおよぼす。

特に情緒面で賢明でない親のもとで育つ、
子供達への弊害が、
読んでいて胸が痛くなりました。

「子供の情動教育は、ゆりかごの中から始まっている」と、
言えるのですね。

将来、子供を持つ予定の方や、
すでにお子さんのいらっしゃる方は、
ぜひこの、子供の情動教育部分を、
読んでほしいと思いました。

他にも、人間関係が苦手だなーと思っている人や、
感情のコントールがうまく出来ないと思っている人にも、
オススメしたい一冊です。

【joshiben 編集後記】

花粉飛んでますね。。
くしゅん!

joshiben は花粉症歴が、
もう15年くらいになります。

こうも長いと、けっこう慣れたもので、
お薬も飲まず、
甜茶のみで乗り切るというのが、
ここ何年かのスタイルです。

みなさんはどんな花粉症対策を
していますかー?

ブログランキングの星になろうとがんばっています。
よかったら応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへおじぎ勉子
EQ―こころの知能指数 (講談社プラスアルファ文庫) EQ―こころの知能指数 (講談社プラスアルファ文庫)
Daniel Goleman 土屋 京子
講談社 1998-09
売り上げランキング : 2372
おすすめ平均
Amazonで詳しく見る by G-Tools

Popularity: 9% [?]

2009/2/17 火曜日

【書評】ハックを使って時間を効率化しよう!ーTIME HACKS!

Filed under: 書評:時間管理 — joshiben @ 22:41:36
ハックを使って時間を効率化しよう!ーTIME HACKS!
こんにちは!joshibenです!

突然なのですが、
実は私には大きな悩みがありまして…。

昔からずっと悩んで来ていて、
今も解決していない問題。。
今日の4コマからも想像出来ると思いますが、
それはずばり…。

時間管理です!!

私がビジネス書を読もうと思ったのは、
この時間管理に悩んでいたのが、
きっかけだったのですね。

数々のビジネス書を読むようになり、
時間の使い方はそれまでとは一変しました。

以前の私の、時間の使い方を知りたい方は、
こちらの記事を参考にして下さい↓

【書評】最強女子に学ぶ、超時間投資法(前編)
【書評】最強女子に学ぶ、超時間投資法(後編)

一変して、
投資の時間がめちゃめちゃ増えたのはいいのですが、
ブログなんかを始めたせいもあり、
時間がないのはやっぱり相変わらず…
なのですよねー!

そんな中、ご紹介したいのが、
ハックシリーズでお馴染みの小山龍介さんの、
「TIME HACKS!」です。

このシリーズは装丁が素敵で、
本屋さんで新しい本を見つけると、
ついつい買いたくなってしまいます。

内容も、時間効率の小ネタが沢山紹介されていて、
その中から自分に合ったものを、
チョイスして使う事が出来るのがいいのです。

幾つかご紹介しますね。

ポストイットをあらかじめ貼っておく

もう一つの方法が、画期的です。ポストイットを貼り付けるであろう場所に、最初から貼り付けておくという方法です。

小山さんが愛用のポストイットは
私も愛用しているこちらですが↓

3M ポスト・イット フラッグ 透明見出し・エコノパック 6色混合

持ち運びに便利だし、
はがれにくくて、とってもオススメです。

細かいスケジュールは忘れる

スケジュールは「記憶」するものではありません。かわりに、しっかり「記録」しておくべきなのです。

小山さんはGoogle Calendarを
カテゴリーごとに色分けする方法で
使っていらっしゃるそうです。

年収の半分を投資する

時間を投資して経験を得る。その目安となるのは、年収の半分かな、と思っています。500万の年収であれば250万円分。これを自分コストで考えると、年間の勤務時間の1800時間の半分、900時間分となります。それを経験に投資する。つまり、今までやったことのないことに時間を費やすのです。

さすがに、半分というのは私は無理ですが、
極力、投資の時間を増やして、全体の2割でも新しい事に挑戦して行くとうのは、
必要ではないかと思います。

こういったハックを上手に利用して、
時間を効率よく使いたいものですね!

ところで、
本の中で一番印象に残ったのが、
下記の言葉です。

仕事が出来る人は決して「忙しい」とは言わないのです。そして忙しい人に限って、休む時は徹底して休んでいるんです。時間に追い立てられていないんです。ちょっと恐ろしい事を言うと、「忙しい」と口癖のように言っている人ほど、仕事が出来ない。私も昔そうでしたし、今でもたまに言ってしまうので、言った後にゾッとします。

これ本当にそうだと思います。
そして耳がとっても痛いです。

あいたたた。。

時間は常に今しかないという事で、そして今の積み重ねが、夢の実現へと繋がるのです。

この言葉、先日、セミナーで小山さんにお会いして、
直接、お話しを聞いたばかりなので、
非常に重みがあります。

小山さん自身、
こうした積み重ねで、
夢を実現してきた方なので、
こういう言葉が出てくるのだと思います。

今、何を選択して、
何に時間を使って行くのかが、
重要なのですね。


この本は、ハックを利用する以外にも、
自分の時間の使い方について、
もう一度きちんと考える、
よい、きっかけになる本だと思いますよ。

いつも時間がないないと思っている人は、
ぜひ、読んでいただきたい一冊です。

【joshiben 編集後記】

バレンタインデーは、
「出逢いの大学」の千葉智之さん主催のセミナー
『出逢いの大学』特別講座 vol.2 ~ブランド人の発想勉強術!~出逢いの大学
に行って来ました。

講師は今日ご紹介した、
小山龍介さんです。

実際に小山さんにお会いした感想は、
やっぱりベストセラー著者は話しが、
めちゃめちゃ面白い!
という事ですねー
特に懇親会でのお話しが
個人的には、とってもためになりました。

このセミナーは、主催がちばともさんだけに、
「人と出会う事の重要性」に、
気がつかされるよいセミナーでした。
私も「いい仕入れ」をどんどん増やしていけたらと思います。
ちばともさん、小山さん、ありがとうございました!!

ブログランキングの星になろうとがんばっています。
よかったら応援していただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへおじぎ勉子
TIME HACKS! TIME HACKS! 小山 龍介東洋経済新報社 2006-12-01
売り上げランキング : 3103
おすすめ平均
Amazonで詳しく見る by G-Tools

Popularity: 11% [?]

次のページ »

Copyright © joshiben. all rights reserved.