2009/5/28 木曜日

【書評】戦後日本を作った奇才に学ぶ天下取りの方法 - オヤジの知恵

Filed under: 書評:その他 — joshiben @ 12:31:43
田中角栄に学ぶ天下取りの方法 1コマ目
田中角栄に学ぶ天下取りの方法 2コマ目
田中角栄に学ぶ天下取りの方法 3コマ目
田中角栄に学ぶ天下取りの方法 4コマ目
人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ

こんにちは!joshibenです!

今日は、『ワークライフ“アンバランス”の仕事力』の田島弓子さんに
オススメされた『オヤジの知恵』という本をご紹介します。

正直、表紙を見た時はぜんぜん読む気がしなかったのですが、、、
読み始めて、あらびっくり!
途中で止めるのが惜しくなり、
一気に読んでしまったという、
最近読んだ本の中でも突出する面白本でした!

『オヤジの知恵』は、
田中角栄元内閣総理大臣の秘書を23年間務めた
早坂茂三さんという人が書いていて、
内容は田中角栄語録というか政治家の話がほとんどです。

ですが、胸にズシンと来る言葉が多くて、
付箋貼りまくりましたよ!

しかし、内容はどーみても男性向けな気が…。

てか、この本がここまで面白い私は、
女子としてどうなんだろう??
と、少し心配になりましたが、

あの、、たぶん、、男気のある女子なら大丈夫です!きっと!!(汗)

とにかく田中角栄の言葉が、豪快で、力強いです。

■空は落ちてこない

「上を見ろ」ヘリコプターが屋根すれすれに飛び回る空を指さした。
「空は落ちてこない。山より大きな猪は出てこない。お互い命まで取られない。今は、いい世の中になった。心配するな」
~中略~
「世の中はいいことなど少ない。いやなことばかりだ。いやなことは、その日に忘れろ。明日また、いやなことがワンサカやってくる。それにいちいちかまけていては戦ができない」

これは、ロッキード事件で40日間の勾留尋問が終わって
保釈された後に、今後を心配する早坂氏に対して、
田中角栄がいった言葉です。

そう「空は落ちてこない」んですよねー

私も以前大きな仕事のプレシャーで、
押し潰されそうになった時があったのですが、
その時は、すごく精神的に追い詰められて、
もうダメかと思ったんですけど、
最後に、出てきた言葉が、
「それでも世界は終わらない」でした。

その仕事に、たとえ失敗したとしても、
それでも、死んだりはしないんですよね。

そう思ったら、「すうっ」と心が軽くなって、
無事、お仕事を終える事が出来たのです。

このくらいの開き直りは、時には必要ですよね。

■頂上を極めるには敵を減らせ

「頂上を極めるには何が必要か?」という田中角栄の質問に、
「味方を作ること」と答えた早坂氏に対する言葉。

「違うな逆だ。敵を減らすことなんだ。」四十四才の気鋭が瞬時に切り返した。
先に結論を言ったあとで、簡単、具体的、分かりやすく、田中は敵を減らすための心得を不肖の弟子に教えてくれた。いつもの角栄流である。
「人の好き嫌いはするな。誰に対しても一視同仁。いつでも平らに接しろ。来る者は拒まず、去る者は追わず。他人のために汗を流せ。できるだけ面倒を見ることだ。手柄は先輩や仲間にゆずれ。損して得を取れ。進んで泥をかぶれ。約束事は実行せよ。やれそうもないことは引き受けるな。」
~中略~
「これを長い間、続けていけば敵が減る。多少とも好意を寄せてくれる広大な中間地帯ができる。大将になるための道が開かれていく。頂上を極めるには、これしかない。」

「頂上を極めるには、多少とも好意を寄せてくれる
広大な中間地帯を作るしかない」

という言葉は、ここ以外にでも出てくるので、
角栄が自ら実践し刻み込まれた「戦陣訓」なのだと思います。

この「人の好き嫌いはするな~」からの言葉が力強いですよねー
きっと何度も言ってきた言葉だから、こんなに力があるのでしょうね。

小学校高等科卒でありながら、
東大出の秀才たちに勝ってきた人の戦術は、
学ぶところが多いです。

■人生は間だよ

「人生は間だよ。一本調子では何事もうまくいかない」

これは後年、田中角栄が早坂氏に言った言葉で、
深すぎて、私が説明することは無理ですが、
人生の真理だと思います。

セミナー講師でも、上手な人は
「間」が絶妙だと言いますしね。

仕事をする時は、めいっぱいやり、
遊ぶ時はおもいっきり遊ぶとか、
「間」が大事なんですね。

田中角栄という政治家が、
いい政治家だったか悪い政治家だったかは別にして、
もう日本の政治家に、ここまで豪快な人は、
出てこないんじゃないかなーと、
読んでいて思いました。

角栄の語る言葉には、
今のビジネスにも役に立つ人生の真理がある気がして、
今回ご紹介する事にしました。

これから天下取りたい!
ビジネスシーンで成功したい!と
思っている人は、ぜひ読んでみてくださいね。

joshiben 編集後記
えーと、なんだかブログランキングで
右往左往あってすみません。。

遊び過ぎると、ペナルティになってしまうので、
ブログランキングシリーズを続けるかどうか
悩み中です。

楽しみにしてくれてる方が多いのは、
知ってるんですけどね…。

↓ブログランキングに参加しております。
ill_090528_1.gif
ill_090528_2.gif 人気ブログランキングへ ill_090528_3.gif
ill_090528_4.gif
オヤジの知恵 オヤジの知恵
早坂 茂三
集英社インターナショナル 1999-10
売り上げランキング : 46893
おすすめ平均
Amazonで詳しく見る by G-Tools

Popularity: 11% [?]

2009/5/25 月曜日

【告知】TSUTAYA 有名ブロガーフェアに『女子勉』が参加!?

Filed under: 告知 — joshiben @ 10:04:27
ええっ!女子勉がTSUTAYAの有名ブロガーフェアに!?
TSUTAYAで『ヒットの仕掛け人!ビジネス書有名ブロガーが目利きこんな時代だからこそ読んでおきたい本』フェアが開催されます!
↓フェア詳細はこちらから↓

bヒットの仕掛け人!ビジネス書有名ブロガーが目利き

フェア期間:6/1~7/31
(2009.8.8追記 ※フェアのページは現在終了しておりますので、
当時の様子が分かる、TSUTAYA BLOGのページにリンクを張り直しました)


人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ
こんにちは!joshibenです!

上記の通り、TSUTAYAさんで6月1日からブロガーフェアが開催されます!

どんな内容かといいますと、
6人の有名ブロガーが、
(私はたいして有名じゃないですが、そこは置いておいて…)
こんな時代だからこそ、
読んでおくべきオススメ本を5冊ピックアップして
それぞれの本にコメントを付けています。

私もみなさんのオススメ本&コメントを読みましたが、
やばいですよー!
正直どれもこれも読みたくなって困りました。(笑)

どんな本が選ばれているかは、
フェアの会場で確かめてみてくださいね。

では、肝心の参加ブロガーの方々をご紹介します!

【参加ブロガー】

■『ビジネスブックマラソン』の土井英司さん
元アマゾンのカリスマバイヤー。
土井さんが書評を書くと、
アマゾンの順位が変わると言われています。
知らないとやばいですよ!
>>http://eliesbook.co.jp/bbm

■『シゴタノ!』の大橋悦夫さん
私も昔からファンである
人気ブログ『シゴタノ!』の管理人さんです。
書籍も数多く執筆なさっています。
>>http://cyblog.jp/

■『俺と100冊の成功本』の聖幸さん
青森在住のアルファブロガーさん。
書評ブロガー御三家のお一人で、
人を引きつける文章を書かれる方です。
>>http://blog.zikokeihatu.com/

■『マインドマップ的読書感想文』のsmoothさん
同じく書評ブロガー御三家のお一人。
実は、私はこの人のブログから一番本買ってます!(笑)
いつも丁寧な書評をされてて、
関連本などの紹介もとても充実してます。
>>http://smoothfoxxx.livedoor.biz/

■『ディスカヴァー社長室blog』の干場社長
私のブログではもう、お馴染み!
ディスカヴァー・トゥエンティワンの素敵女社長さま。
働く女子は要チェックブログですよ!
>>http://d21blog.jp/

(順不同)

それと、こんな大御所の方々に混じって、

ななんとなんと-!!

この『女子勉』も参加させていただいておりますー

いやー大変だー

私だけ、4コマ!ってわけにも行かないので、
持てる力の全てを出して、コメント書きました!

ぜひTSUTAYAにお越しの際は、
読んでいただけると嬉しいです。
一部実施していない店舗もあるので、
注意してくださいね。

そうそう、説明する必要もないかと思いますが、
書ブロガー御三家の最後のお一人は、小飼弾さんです。

joshiben 編集後記
昨日から、ランキングがぜんぜん上がらなくなっちゃった…。
斬ったりしたから、またポイント不加算処置になっているのかな?
それとも、ただバナーが分かりにくいだけ???
うーんうーん、分からないー!

原因が分かり次第、対策取りますぅー(しょぼん)

【追記】
原因は、やっぱり前回のバナーだったようで、
バナーを外したら、ペナルティ解除されました…。
せっかく作ったのになー
もったいないのでイラストとして残してます。
人気ブログランキングに参加しております↓
ill_090525_1.gif
ill_090525_2.gif 人気ブログランキグへ ill_090525_3.gif
ill_090525_4.gif

Popularity: 8% [?]

2009/5/23 土曜日

【書評】新聞・雑誌がなくなる!? - 新世紀メディア論

Filed under: 書評:その他 — joshiben @ 21:57:19
新聞・雑誌がなくなる!? 1コマ目
天才はこうして作られる! 2コマ目
天才はこうして作られる! 3コマ目
天才はこうして作られる! 4コマ目
人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ

こんにちは!joshibenです!

今日は、出版界にとって、
とってもショッキングな内容が書かれている、
『新世紀メディア論-新聞・雑誌が死ぬ前に』をご紹介します!

この本は、業績不振が続いている、
新聞や雑誌の今後について書かれているのですが、
すべてのものがネットで済んでしまう時代に、
「メディアというものが、どう変わっていくのか?」が、
抱負な視点から解説されています。

中でも、この本が一番いいたいのは、
これから、メディアは誰でも持つことが出来る
「誰でもメディア」時代であるということだと思います。

■誰でもメディア

メディアとは、すでに一部の特権的な基盤のうえに成り立つものではないからです。「意志」さえあれば、誰でもメディアを持つことができる、それがいまなのです。本書では、そんな誰でも組成できるメディアを、便宜的に「誰でもメディア」と名付けています。

最近、私も新聞はネットで見て、
雑誌もたまーに買う程度です。

私もブログをやっているから、より強く思うのですが、
ホント今は、やる気さえあれば、
誰もがメディアを起こせる、そんな時代なのですよねー

■コミュニティにこそ価値は宿る

「出版」とは、換金手段のことではないと考えます。特定の読者に対して情報を提供し、コミュニティを組成し、そのコミュニティに価値が宿るのではないでしょうか。

この視点が、私にはとても新しかったです。
これからメディアを作っていこうと思っている人は、
ここのところに注力しないといけないと思います。

■他人の進化を奪え

今回わたしは「誰でもメディア」のチャンスとは、紙の出版社がやらなかったことの中に埋もれていることが多い、と申し上げましょう。「誰でもメディア」が示唆するべき教訓のひとつは、「他人(特に出版社)の進化を奪え」です。

いつの時代も進化をやめてしまったらダメなのですよね。

■ニッチなもの

「誰でもメディア」の特徴は、単にアマチュア以下プロ未満のメディア人を掘り起こすばかりでなく、ニッチ分野のチャンピオンと、その情報がほしかった人たちを接合することで、これまで可視化されることがなかったけれど、確実に存在していた専門性の高い分野を扱うニッチメディアの市場と可能性をぐっと引き上げることになります。

ニッチな分野は確かに狙い目だと思います。
商機はあるのに、まだ誰も手を付けていないもの…。
そこを掘り下げてみるといいのかもしれません。

■〝発信すること=存在する〟

「誰でもメディア」は情報のフローこそがその総てであり、〝発信すること=存在する〟ということになります。逆に、発信をやめた途端に、メディアとしての痕跡をデータ以外ほとんど残しません。

これは、自分もブログをやっていて、
一番に感じていることです。
ブログも、発信していくことがなにより大事で、
そこに価値があるのですよね。

『新世紀メディア論-新聞・雑誌が死ぬ前に』は、
将来メディア的なことを考えている人だったら、
まず読まなければいけない本だと思いました。

この、大きな変革の時代に、
昨日と同じことをして食べて行ける保証は、
まったくないのですよね。

「どう変わるのか、そして、どんな手を打てるのか?」
出版業界に関わる人なら、
一度考えてみてもいいと思います。

今、ここで一番頭を使った人が、
「未来のメディアで活躍出来る人」なのかもしれませんね。

ぜひ、将来メディアを目指す人、
そして、現メディアや出版業界の人は、
読んでいただきたい一冊です。

joshiben 編集後記
昨日は、 『28歳までに他社からスカウトされる人脈術』の著者である、
坂田篤史さん主催の小人数イベント 『Saka’s Bar』 に
お友達の想子さんに誘っていただいて、
初めて参加させていただきました!

坂田さんは、ズバッと斬るような一言をおっしゃるところから、
回りの人に「サカズバ!」(アサズバ?)と言われていて、
ご自身のブログも、その名前でやっていらっしゃいます。

【坂田篤史の情報ブログ「サカズバ!」】
>>http://ameblo.jp/sakata-consultant/

私も坂田さんに斬ってほしくて、(M?)
「『女子勉』のダメなところを言って下さい!」と
お願いしたのですが、
坂田さんはお優しいので、
逆に『女子勉』を褒めていただけました。
もし斬られていたら、
今日の4コマが2コマになってたんですけどねー(笑)

そして、ゲストはあの『ワンランク上の問題解決の技術』
横田尚哉さんです。

【横田尚哉のFA・VEの全て】
>>http://www.kamuna.jp/ve/

横田さんの提唱する
ファンクショナル・アプローチは、
私の回りで、恐ろしいくらいに浸透していて、
横田さんの影響力のすごさを感じています。

『Saka’s Bar』 は主催の坂田さんのお人柄でしょうか?
集まっている人の空気が大人で、とっても楽しかったです!

素敵な時間をすごさせてくれた皆様方、
どうもありがとうございました!
以下、ブログをお持ちで私が分かる方だけですが、
お会いした方々のブログです。

私と感性が似ていると、
勝手に思ってる想子さんのブログ↓
【華のある仕事人Blog~やっぱり女って愛嬌力~】
>>http://ameblo.jp/maoa515/

意外といじられキャラ?(笑) 竹原さんのブログ↓
【読書ノススメ~読書とは「読んだら書く」~】
>>http://proclamation.blog77.fc2.com/

一日24回更新!?
超スゴ、マッハブロガーのれいれいさんのブログ↓
【美しく生きるはイバラの道】
>>http://ameblo.jp/pomipomi000/

↓ブログランキングに参加しております。
人気ブログランキングへ
※ペナルティをかけられたみたいなので、
サカズバ!バナーを変更しました。
でも、せっかく作ったので、
ただのイラストとしてここに置いておきます。
坂田篤史さん
新世紀メディア論-新聞・雑誌が死ぬ前に 新世紀メディア論-新聞・雑誌が死ぬ前に
小林弘人
バジリコ 2009-04-03
売り上げランキング : 849
おすすめ平均
Amazonで詳しく見る by G-Tools
28歳までに他社からスカウトされる人脈術 28歳までに他社からスカウトされる人脈術
坂田 篤史
ダイヤモンド社 2008-04-18
売り上げランキング : 9967
おすすめ平均
Amazonで詳しく見る by G-Tools
ワンランク上の問題解決の技術《実践編》 視点を変える「ファンクショナル・アプローチ」のすすめ ワンランク上の問題解決の技術《実践編》 視点を変える「ファンクショナル・アプローチ」のすすめ
横田 尚哉
ディスカヴァー・トゥエンティワン 2008-07-15
売り上げランキング : 73562
おすすめ平均
Amazonで詳しく見る by G-Tools

Popularity: 12% [?]

次のページ »

Copyright © joshiben. all rights reserved.