2009/11/29 日曜日

【書評】悪癖を直せば、あなたの人間関係はもっとよくなる!

Filed under: 書評:人間関係 — joshiben @ 22:50:44
4koma_091129_1.png
4koma_091129_2.png
4koma_091129_3.png
4koma_091129_4.png
人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ

こんにちは!勉子です!

今日は、
ジャック・ウェルチ元GE会長をコーチしたことでも知られる、
マーシャル・ゴールドスミス氏の、
『コーチングの神様が教える「できる人」の法則』をお送りします!

いやー、この本を読んだ時、
正直どきっとしましたねー

職場での悪癖が20個紹介されているのですが、
どれを読んでも、「あー!いるいる!」って思う反面、
「でも、自分もやってないか?」と思わされるんです。

さっそく、幾つかご紹介しますね。

■癖2 何かひとこと価値をつけ加えようとする

「すごいアイデアだ。だが、こうすればもっとよくなるんじゃないか」と言いたくなる。
あなたのアドバイスによって、私のアイデアは5%ほど改善されたかもしれないが、問題は、私の意欲を50%削いでしまった点だ。あなたは私のお株を奪ってしまった。あなたのコメントで、それはもう私のアイデアではなくなってしまったのだ。

これねー
読んでて「あいたたたっ!」ってなりましたね。
まさに私…。
しかも、自分ではいいことしているつもりでしたらからね…。

一言添えてあげるのが人のためになると思っている人や、
「自分はアイデアマンだ!」と思っている人は、
特に陥りがちなので、注意して下さいね。(笑)

■癖4 人を傷つける破壊的コメントをする

こういう、人が傷つくこと平気で言ってしまう、
困った人ってどこにでもいますよねー?

でも、これを「いるよねー」と思って読んでる、
私もあなたも、気をつけないとやっている可能性があるんです。
何故なら、

私たちは人を傷つけるコメントをしていると思わないが、人はそう考えない

だからですね。

私たちは、自分が言われた時はひどく傷つくくせに、
人に傷つくコメントを言っている時は、その自覚がないんです。

■癖16 人の話を聞かない

人の話を聞かないことは、山ほどのネガティブなメッセージを送っているに等しい。

これも、私の「あいたたたっ!」ポイント…。
仕事が立て込んでいる時に、
同じ話を何度も聞かされると、ついついね…。(汗)

この癖も、私と同じく多くの人が持っていると思うので、
注意しましょうね…。

さて!じゃあ、これらの悪癖をどうすれば直せるか?というと、
マーシャルさんのやっているのが、
組織のあらゆるレベルの人から、
対象者に向けてコメントをもらう、
「360度フィードバック」と呼ばれるものです。

この、フィードバックは秘密厳守で、
出来れば、第三者が行うといいそうです。

でも、なかなかそれも難しくて、
独力でやりたい場合は、
「私のことをどう思う?」ではなくて、

「どうすれば私はもっとよくなれる?」

と回りの人に聞くのがポイント!

「私のことをどう思う?」って聞いても、
ほしい答えは返ってこないのですね。

ちなみに勉子はフィードバックを受けるのが大好きです。
私個人のことは、あまりもらう機会はないけど、
仕事とか、ブログとかに関しては、
「何か改善するべきポイントはある?」と
しょっちゅう聞くようにしてます。

フィードバックを得たあと、
自分を変えるためにどうしていったらいいのかが、
この本では、「謝罪」「宣伝する」「よく聞く」「感謝する」と、
ステップで紹介されているのですが、
長くなるので、ここでは割愛しますね。

変わるための努力をしたあとは、
それが、きちんと出来ているか、
フォローアップすることが大事なんです。

定期的に職場の人にうまくやれているかどうかコメントをもらうなど、
フォローアップの仕組みを作っておくと、
変化を確実なものに出来ますよ!

この本は、
自分は職場でうまくやれていないと思ってる人、
もっと人間関係をよくしたいと思う人にオススメです!

joshiben 編集後記
先日、『ワークライフ“アンバランス”の仕事力』の田島弓子さん、
『「続ける」技術』の石田淳さん、
そして、福ちゃんと私で、
『知識をチカラに』の小林さんが主催する、
「神楽坂Twitter飲み会」なるものに参加せていただきました!

まー、Twitter飲み会と言っても、ただ単に飲み会の模様を、
Twitterで実況しているだけなんですけどね…。
いったお店と、神楽坂の町がすごい素敵だったせいか、
みんなが神楽坂ファンに!(笑)

私もこれから、
神楽坂をもっともっと開拓しようと思いましたー!
ちなみにいったお店はこちら!

>>馳走 紺屋

写真よりも実物はもっと素敵でしたわよ。
ぜひ行ってみて下さいね!

<帰ってきた!ブログランキングの星をめざせ!>
勉子と勉子ママでブログランキングの星を目指しています。
クリックで、応援していただけると嬉しいです!
ill_091110_1.png
ill_091110_2.png 人気ブログランキングへ ill_091110_3.png
ill_091129_4.png
コーチングの神様が教える「できる人」の法則 コーチングの神様が教える「できる人」の法則
Marshall Goldsmith
日本経済新聞出版社 2007-10
売り上げランキング : 8860
おすすめ平均
Amazonで詳しく見る by G-Tools

Popularity: 12% [?]

2009/11/24 火曜日

【書評】プレゼンテーションの決定版!-プレゼンテーションzen

Filed under: 書評:その他 — joshiben @ 16:03:33
4koma_091124_1.png
4koma_091124_2.png
4koma_091124_3.png
4koma_091124_4.png
人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ

こんにちは!勉子です!

今日は、
効果的なプレゼンテーションのやり方を説いた、
『プレゼンテーションzen』をお送りします!

私達が目にする多くのプレゼンテーションは、
箇条書きや図版が多く入っていて、
退屈ではありませんか?

中にはすごく小さい文字で書かれているものもあって、
見ているだけで眠たくなってしまったり…。

この本を読んでいて、
面白いなって思ったのは、
「99%のプレゼンが最悪!」と書かれてたことです。
これはちょっと、誇張もあると思うけど、
確かにプレゼンテーションはもっともっと、
魅力的になってもいいのかもしれません。

この本が、1番がいいたいことは、 とにかく、

「プレゼンテーションはシンプルでいい!」

ということです。

あれもこれも伝えようとすると、
かえって焦点がぼやけてしまうのですね。

では、さっそく勉子がこれは!と思った
プレゼンテーションのポイントをご紹介しますね。

■もし、一つの事しか聴衆の記憶に残らないとしたら?

「もし、たった一つの事しか聴衆の記憶に残らないとしたら、それは何であってほしいか?」

このことを頭に入れて、スライドを作れば、
見終わった時に、
「ところで何がいいたかったんだっけ?」と
聴衆が思ってしまうようなことは、おきないと思います。

ただ、意外とパワーポイントのデータを作っている時は、
忘れがちなんですよね…。(笑)

■デザイン 7つの原則

効果的なスライドを作るための7つの原則

「シグナル/ノイズ比」…不要なものは排除する
「画像優位性効果」…言葉よりも画像の方が記憶に残りやすい
「余白」…余白は「無」ではない。余白そのものがデザインの要素の一つである

【基本原則のビック4】
「コントラスト」…差異を目立たせる
「反復」…スライド全体を通して、特定の要素を繰り返し使う
「整列」…グリッド使って要素を整列させる
「近接」…関連のある要素は一つにまとめる

詳しい内容は本書を読んでいただきたいのですが、
スライドデザインについてここまで、
具体的な例を出して、
分かりやすく紹介している本もないですよねー
とっても勉強になりました!

例となるフライドが沢山載っているので、
ぜひ、ご自分のスライドの参考にしてみて下さい。

■心を通わせる

すぐれたプレゼンテーションとは、頭だけで考えず、感情レベルで聴衆と真摯に話し合い、彼らと心を通い合わせることである。

私も前にセミナーの講師をやったことがあるのですが、
プレゼンをやりながら、
聴衆と心まで通わせるのは、
かなりの高等技術だと思います…。(汗)

>>【レポート】勉子燃え尽きる! 初ブログセミナー終了

私は決められたことをしゃべるだけで精一杯でしたが、
いつか、そのレベルのプレゼンを、
してみたいなと思いました。

この本は、自分のパワーポイントのスライド作りに不安がある人、
退屈なプレゼンテーションをしたくない人、
また、プレゼンテーションをする機会がある、
全ての人にお勧めです!!

joshiben 編集後記
みなさま、三連休はいかが過ごされましたか?

勉子も、連休は紅葉を見に…と言いたかったのですが、
生憎、がっつりとお仕事をしておりました…。

今年は紅葉を見にいく前に、
冬が来てしまいそうです。

【お知らせ】

パーソナル・トレーナーでもあり、
『仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか』の著者でもある、
山本ケイイチさんのセミナーが、
あのディスカヴァーさんで、
しかも女性限定で開催されるそうですよ!

『人生を変えるフィットネス 輝くために必要なほんとうのこと』
出版記念女性限定セミナー
~働く女性のためのフィットネスライフ入門~

>>ディスカヴァーさんのセミナー詳細ページ

<帰ってきた!ブログランキングの星をめざせ!>
勉子と勉子ママでブログランキングの星を目指しています。
クリックで、応援していただけると嬉しいです!
ill_091110_1.png
ill_091110_2.png 人気ブログランキングへ ill_091110_3.png
ill_091124_4.png
プレゼンテーション Zen プレゼンテーション Zen
熊谷 小百合
ピアソンエデュケーション 2009-09-07
売り上げランキング : 76
おすすめ平均


Amazonで詳しく見る by G-Tools
人生を変えるフィットネス 人生を変えるフィットネスディスカヴァー・トゥエンティワン 2009-11-05
売り上げランキング : 6829
おすすめ平均


Amazonで詳しく見る by G-Tools

Popularity: 10% [?]

2009/11/19 木曜日

【書評】自分の市場価値を高めよう!-パーソナル・マーケティング

Filed under: 書評:ブランディング — joshiben @ 9:20:00
4koma_091119_1.png
4koma_091119_2.png
4koma_091119_3.png
4koma_091119_4.png
人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ

こんにちは!勉子です!

今日は、
レバレッジシリーズでお馴染みの本田直之さんと、
最強編集者こと、ディスカヴァーの千葉正幸さんの、
最強タッグ本、
『パーソナル・マーケティング』をお送りします!

本田直之さんはもうみなさんご存じですよね?
レバレッジシリーズや、
『面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則』など、
数々のヒットを飛ばしていて、
今や、勝間和代さんと並んで、
ビジネス書界では超有名な方ですね。

で、このブログを読む女子で、
ディスカヴァーの千葉正幸さんをご存知の方は、
まだ少ないかもしれないので、
軽く説明を…。

千葉さんは『働く理由』『新自分を磨く方法』など、
勉子の大好きな本を多数手がけられている、
ディスカヴァーさんが誇る敏腕編集長さんです!

>>【書評】お仕事に悩んだら 「働く理由 99の名言に学ぶシゴト論」

>>【書評】これを読むと幸せになるための方法が分かる - 新自分を磨く方法

勉子の回りの、
特に男性からの人気がかなり強くてですね、
美崎栄一郎さん主催で「千葉チルドレン祭り」なる行事も、
開かれたほどなんですよー

>>美崎さんのブログ:千葉チルドレン祭りその1 千葉正幸 編

そんな著者と編集者が組んだ本が、
面白くないわけないじゃないですか!

タイトルにもある、パーソナル・マーケティングですが、
本田さんの説明では、パーソナル・ブランディング
上位概念にあたるそうです。

自分ブランドを作る本は沢山ありますが、
「ブランドだけ作ってもマーケティングが出来ていなかったら、
意味はない」という考えなのですね。

これからは、「会社に依存出来ないので、
会社に依存しなくても、人から必要とされるように、
自分の市場価値を高める必要がある」

ということなのですが、

では、どうすれば、
自分の市場価値が高められるのかというとそれは、

「自分を商品としてとらえる視点があるかどうか」

なのですね。

そうした視点を持った上で、
じゃあ、

「自分の市場価値を高めるにはどうしたらいいのだろう?」

と考えていけばいいのです。

市場価値を高めるのに大事なのが、
もう一つ、「誰の役に立つのか?」という視点です。

この「誰のために、何のために」(by横田尚哉さん)という問いは、
自分の市場価値の場合もそうですが、
それ以外にも、商品を考える時でも、
ブログを作る時でも役に立ちます。
勉子も、すごくここを考えて、
ブログを作った覚えがあります。

この本では自分のブランドを築くための方法論が、
体系的に書かれているので、
これから、初めて自分ブランドを作るという人には、
ぴったりだとお思いますよ!

幾つか、勉子の気になった箇所をピックアップしますね。

■自分の強みとは?

「強み」とは何でしょうか?私はひとことで言って、
「人に教えられることを持っている」ことだと思います。

私ならそうですねー
オススメのビジネス書を人に教えられるとか、
人気ブログの作り方でしょうか?

■成功体験に再現性を持たせる

「なぜうまくいったか」「どうやったらうまくいったのか」についても合わせて書き出していきましょう。(中略)
あなたの経験を「たまたまうまくいった」「あなたが特別だから」という一過性の成功に終わらせずに、「再現性のあるスキル」に磨きあげることができます。

これしてなかった!
すぐにやろうと思いました。
意外と自分の成功を偶然まかせにしてますよね?

■セルフメディアを持つ

本田さんは、マスメディアに行く前に、
まずセルフメディアを持つことを勧めています。

確かに、かつての勝間和代さんは、
まさにこのケースですよね?

勉子もブログをやっていますが、
セルフメディアを持つことのメリットを
ひしひと感じでいるので、
自分ブランドを高めたい人はぜひ、
トライしてみてくださいね!

この本は、自分の市場価値を高めたい人、
会社以外での、
自分の強みを見つけたい人にお勧めです!!

joshiben 編集後記
来年の手帳ってみなさんもう購入しました?

勉子はずっとフランクリン・プランナーを使っていたのですが、
今年は手帳売り場で、「陰山手帳」を見つけて購入してみました。

購入ポイントは、
幾つものプロジェクトが管理出来るところです。
ずっと、こういう手帳がほしいと思っていたので…。

まだ使い始めで、なんとも言えないので、
また、ご報告しますね!

<帰ってきた!ブログランキングの星をめざせ!>
勉子と勉子ママでブログランキングの星を目指しています。
クリックで、応援していただけると嬉しいです!
ill_091110_1.png
ill_091110_2.png 人気ブログランキングへ ill_091110_3.png
ill_091119_4.png
パーソナル・マーケティング パーソナル・マーケティングディスカヴァー・トゥエンティワン 2009-11-19
売り上げランキング : 43


Amazonで詳しく見る by G-Tools

Popularity: 11% [?]

次のページ »

Copyright © joshiben. all rights reserved.