2010/3/24 水曜日

【書評】これからはお金でなくウッフィーを増やせ!-ツイッターノミクス

Filed under: 書評:その他 — joshiben @ 21:55:27
4koma_100324_e_1.png
4koma_100324_e_2.png
4koma_100324_e_3.png
4koma_100324_e_4.png
4koma_100324_1.png
4koma_100324_2.png
4koma_100324_3.png
4koma_100324_4.png
人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ

こんにちは!
勉子です!

今日は、今ネットの世界で話題の一冊、
『ツイッターノミクス』をお送りします!

4コマが英語でびっくりしましたか?
実はこの本の編集の方が、 4コマが出来たら、
著者のタラ・ハントさんに見せてくれるとおっしゃっていたので、
どうせだったら、内容まで見ていただいた方がいいと思い、
急遽、英語版も作ってみたのです。

いかがでしょうか?
英語版の『女子勉』は。

翻訳はmyGengoという翻訳サービスを使いました。
このサービスとっても便利でしたよー

>>http://ja.mygengo.com/

さて、肝心の本ですが、ブログ、ポッドキャスト、Twitter、
wiki、ソーシャル・ブックマーク、フォーラム、SNSなどの
WEB2.0なメディアをいかに上手に利用するかが書かれています。

そして、ここで重要なのが、
お金に変わる「ウッフィー」という概念です。

■「ウッフィー」とは、WEB上でのその人に対する評価。

ウッフィーは、その人に対する評価の証と考えればいい。人に喜ばれることをした
り、手助けをしたりすれば、あるいは大勢の人から尊敬され評価されれば、
ウッフ ィーは増える。逆なら、減る。

WEB2.0の世界で成功するには、
ウッフィーかポルノか運しかないと、
著者であるタラ・ハントさんは言っています。

運はコントロールが難しいし、
ポルノは論外なので、、
ウッフィーを増やすのが賢明かと…。

ではどうしたらウッフィーを増やすことが出来るのでしょうか?
本書では5つの原則が紹介されています。

【ウッフィーを増やす5つの原則】
1. 大声でわめくのはやめ、まずは聞くことから始める。
2. コミュニティの一員になり、顧客と信頼関係を築く。
3. わくわくするような体験を創造し、注目を集める。
4. 無秩序もよしとし、計画や管理にこだわらない。
5. 高い目標を見つける。


自分の宣伝ばかりを大声で叫ぶのではなくて、
回りの人が応援したくなるような、
行動をネット上ですることが大事なのですね。

ウッフィーを増やして成功した、
もっとも有名な例はオバマ大統領ですね。

オバマ大統領はソーシャル・ネットワーキング・ツールを駆使し、
ネット上でこのウッフィーを圧倒的なまでに増やして、
見事、大統領に就任しました。

Tシャツデザインのthreadless.com/は
ユーザーからTシャツのデザインをコンテストで募集し、
人気のあったものを
WEB上で販売するサービスをしています。

彼らは、WEBの上でのコミュニティを使って、
ユーザーの意見をうまく取り入れ、
より気持ちよくコンテストに参加してもらうための
工夫をあちこちに懲らして、
ユーザーからウッフィーを多く獲得しています。

>>http://www.threadless.com/

逆にやらせ記事を書いたり、
うその情報を流すと、
ウッフィーは減ってしまうので、
注意して下さいね。

この本に載っている、
ウッフィーを増やす行動、減らす行動は
とても参考になるのでぜひ読んでみて下さい。

『ツイッターノミクス』を読みながら、
ウッフィーを自分にあてはめて考えてみたんですけど、
まさに私は、このウッフィーのお陰で、
先日のアルファブロガー・アワードへのノミネートや、
今、ゲストとして参加させていただいてる、
色々なイベントに繋がったのだと思ってます。

地道な活動が、
ちょっとずつウッフィーを増やしていったんですね。

この本は、読みながら、
アイデアがばんばん沸いてくるので、
WEB上で集客なりコミュニケーションをしようと思っている人は必読です!

joshiben 編集後記
連休はみなさまいかがお過ごしでしたか?
私は連休の間に、「大片付け大会」を実施しました。

もう、出るは出るはいらないものが…。(笑)

今回、片付けをしてひとつコツに気がつきました。
それはモノに未練のない、
自分以外の人の助けを借りることです。

このお陰で、今までメンタルブロックがかかって、
なかなか捨てられなかったものまで、
かなりの量を片付けることが出来ました。

ぜひ試してみて下さいね!

【お知らせ】

ダダ本3回目のお知らせです。

今回のテーマは電子書籍!
もうすでに半分ほどが埋まってしまっているので、
興味のある方はお早めにね!

【第3回 ダダ本公開会議】
日時:2010年4月9日(金)19:30開場、20:00~21:30分
場所:京橋スタンダード会議室D会議室
>>http://www.spaceuse.co.jp/access/index.html
メインスピーカー:美崎栄一郎氏
ゲスト:電子出版に関連したゲストをお招きする予定です。
参加費:500円(当日、会場にて集金いたします。)

>>第3回 ダダ本公開会議 申し込みフォーム

もう一個!

こちらも同じくテーマは電子書籍ですね。

佐々木俊尚さんの注目の新刊がディスカヴァーさんより発売されます!
その出版記念講演会が2010年4月6日(火)に開催されます。

※申し込みは終了しております。
【佐々木俊尚さん『電子書籍の衝撃』出版記念講演会】
日時:2010年4月6日(火)19:00~21:00(開場18:30)
参加費:3000円(税込)

こちらも、ものすごい早さで席がうまっているそうなので、
気になった方はお早めにどうぞー

>>ディスカヴァーさんのページへ

<帰ってきた!ブログランキングの星をめざせ!>
勉子と勉子ママでブログランキングの星を目指しています。
クリックで、応援していただけると嬉しいです!
ill_091110_1.png
ill_091110_2.png 人気ブログランキングへ ill_091110_3.png
ill_100324_1.png
ツイッターノミクス TwitterNomics ツイッターノミクス TwitterNomics
村井 章子
文藝春秋 2010-03-11
売り上げランキング : 364
おすすめ平均
Amazonで詳しく見る by G-Tools

Popularity: 76% [?]

2010/3/17 水曜日

【書評】これが2000億円削減の技!-ワンランク上の問題解決の技術

Filed under: 書評:ビジネススキル — joshiben @ 0:43:53
4koma_100316_1.png
4koma_100316_2.png
4koma_100316_3.png
4koma_100316_4.png
人気ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ

こんにちは!
勉子です!

実は、まだこの本をきちんと4コマにしてなかった!!(汗)
今日は『ワンランク上の問題解決の技術』をお送りします!

以前、鹿田さんのセミナーで
ディスカヴァーさん祭りが行われた時に、
セミナーの内容をまとめて4コマにしてしまっていて、
1冊でちゃんとは描いていなかったのですよね。

【セミナー】聞くが価値vol.4に行ってきました!
>>http://bloomingdesign.net/wordpress/archives/131

横田さんの「情熱大陸出演」と「Amazon1位」おめでとう企画ということで
改めてご紹介をさせていただきます!

横田さんはこれまで建設コンサルタントとして、
総額1兆円もの公共事業に携わり、
削減した費用の総額は実に2000億円を超えるそうです。

金額が大きすぎて勉子にはよく分からないのですが…(笑)
横田さんが何よりすごいのは、
この間の「情熱大陸」を見ても分かりますが、
コスト削減といっても「安かろう、悪かろう」ではないところなのです。

「えっ、そんな方法あったの!?」という
画期的な方法で問題を解決してしまうのですね。

問題解決をする上で大切なのは、
起きてしまった「モノ」「コト」ではなく、
ファンクション(機能)に注目することです。

世の中のあらゆる製品、サービス、ビジネス、組織などは、必ずファンクション(機能)があります。

ファンクション(機能)ってなんでしょうか?
簡単に説明すると、
たとえば、アイロンは「モノ」としてはアイロンですが、
ファンクション(機能)としてみると
「熱を伝える」という機能を持っていることになります。

全てのモノが、このようにファンクション(機能)
持っているのですね。

そしてファンクション注目して物事を見ていくと
本質にぐっと近づくことが出来るのです。

ファンクショナル・アプローチは、本質を追究していくために、徹底的に「モノ」や「コト」から離れていきます。これを「モノ離れ、コト離れ」と呼びます。

「どうしてそこから離れなければならないのだろう」とお思いかもしれません。それは、それが手段として表現された「モノ」であるからです。ファンクショナル・アプローチでは、そこに現れている「手段」を徹底的に調べることで、その背後にある「目的」が明確になると考えます。目的を明確にすることができれば、手段にとらわれることなく、自由に問題解決が可能になるのです。

私たちはついつい起こっている「コト」や、
そこにある「モノ」に注目してしまいがちですよね?

でも、その「モノ」や「コト」から一旦離れて、
違う視点から見てみることが大事なのですね。

「それは何のため?」
「それは誰のため?」


という質問は、物事の本質を見極める魔法の言葉です。
本書の中では「無駄な努力」を見分ける2つの質問として載っています。

この質問をつきつめていくと、
たとえば、「どうしてブログをやっているのか?」とか、
「どうして週一回の会議をやっているのか?」など、
ただ漠然としていたものの本当の目的を見つけることが出来ますよ。

私の回りには横田さんファンがすごく多くてですね。
この「何のため、誰のため」は、
みんなの「合い言葉」みたいになりつつあります。
ぜひ、みなさんも日常で使ってみるようにして下さいね。

この本は問題解決のスキルを少しでも身につけたい人や、
問題を抱えているけれど、どっから手をつけていいか、
分からない人にオススメです。

joshiben 編集後記
Twitterでのつぶやきがきっかけで、
「日本を元気にするブレスト会 vol.001」を開催しました!

ファシリテーターは、
今日ご紹介した『ワンランク上の問題解決の技術』の著者である
横田尚哉さんです。

他、本気で日本を元気にした面々が総勢8名集まって
熱いブレストを繰り広げましたー
みんなからアイデアがバンバン出て、
とっても刺激的な会でしたよ!

途中、この会には「元気」よりも「楽しい」の方があっているねということで、
会の名前は、「日本を楽しくするブレスト会」に変更されました。
Twitterのタグは #tanojp です。

こちらで会の活動について
少しずつつぶやいていきますので、
よかったらチェックしてみて下さい。

次回はコンセプト作りで、
各自「楽しかったこと10個」を宿題として
書きだしてくることになりました。

最後におまけの写真。

20100316_1.jpg
「情熱大陸出演」と「Amazon1位」の
お祝いで送ったお花とプチひーさまです。(笑)

【お知らせ】

『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか』の美崎栄一郎さんの
新刊が3月13日(土) に発売されましたー!

タイトルは『「結果を出す人」の仕事のすすめ方』
私もさっそく読ませていただきましたが、
200冊の本から実際に美崎さんが行ったアクションが満載で、
ビジネス書を行動に繋げたい人には、
とても参考になる一冊だと思いました。

もう一個!

池田千恵さんの新作『夢が現実化する「1枚図解」』
3月19日に発売されます!

ついに図解の達人、千恵さんの図解術が読めてしまうのですねー
勉子的にもとっても楽しみな一冊です!
まえがき部分が期間限定でダウロード出来るそうなので、
このチャンスにぜひ!

>>『夢が現実化する「1枚図解」』ダウンロードページ

<帰ってきた!ブログランキングの星をめざせ!>
勉子と勉子ママでブログランキングの星を目指しています。
クリックで、応援していただけると嬉しいです!
ill_091110_1.png
ill_091110_2.png 人気ブログランキングへ ill_091110_3.png
ill_100316_1.png
ワンランク上の問題解決の技術《実践編》 視点を変える「ファンクショナル・アプローチ」のすすめ ワンランク上の問題解決の技術《実践編》 視点を変える「ファンクショナル・アプローチ」のすすめディスカヴァー・トゥエンティワン 2008-07-15
売り上げランキング : 12
おすすめ平均
Amazonで詳しく見る by G-Tools
「結果を出す人」の仕事のすすめ方 「結果を出す人」の仕事のすすめ方アスコム 2010-03-13
売り上げランキング : 1331
おすすめ平均
Amazonで詳しく見る by G-Tools
夢が現実化する「1枚図解」 夢が現実化する「1枚図解」明日香出版社 2010-03-19
売り上げランキング : 6527
Amazonで詳しく見る by G-Tools

Popularity: 10% [?]

2010/3/8 月曜日

【イベント】「Discover 読者の集い」にみる愛されるイベント作りのポイント

Filed under: セミナー&交流会 — joshiben @ 16:19:17
1koma_100308_1.png
人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ
こんにちは!
勉子です!

3月6日は、『ディスカヴァーブッククラブ』発足記念イベント
~
Discover 読者の集い~に、
ゲストとして参加させていただきましたー!

いやー、なんというか、めちゃめちゃ熱気のあるイベントでした!
お越しいただいた皆様、本当にありがとうございます。
そして、こんな素敵なイベントを主催して下さった
ディスカヴァー社員の皆様に、心からお礼がいいたいです。

勉子は今回のイベントのゲストとしての参加だったのですが、
途中から一参加者として、
このイベントの熱気に飲まれておりました…。

なので、その熱のまま書きますが、
「どうしてこのような熱い盛り上がりのイベントになったのか?」
を考えると、
そこには、ディスカヴァーさんの躍進のひみつが
隠されているような気がするので、
勉子なりに、
「愛されるイベント作りのポイント」について
考えてみたいと思います。

まずこのイベントのっけから
「太陽に吠えろ」のパロディムービーで
ディスカヴァーの社員さん全員が紹介されました。

これがねー…
突っ込みどころ満載なのですが、
かなり制作時間かかっていらっしゃると思うのですよ。たぶん…。

でも、こういうバカバカしいこと(失礼ですみません!)を、
本気でやれるって会社って素敵です。
何より、楽しんでやっていらっしゃることが、
こちらにも伝わってきますよね?

その後のイベントのスケジュールは、

■干場社長によるディスカヴァーさんの本の歴史
■私と鹿田さんによる「人気ブロガーに聞く!本の選び方、読み方」
■読者代表masaさんによるディスカヴァー愛に溢れたプレゼン!
■お気に入りの本を持ち寄ったミニ読書会
■ディスカヴァーさんへの質問タイム


となっておりました。

その場の空気感は、Twitterのまとめを見ていただけると
伝わってくるかと思います。
>>http://togetter.com/li/8267

イベント全体としては、久保清隆さんのブログがよくまとまっているので、
こちらを見ていただけるとよいと思います。
>>http://ow.ly/1f319

本当に発見や学びの多い会だったのですが、
私が一番感銘をうけたのは、
干場社長によるディスカヴァーさんの社名のお話し。

Dis+Cover=覆いをはずす、つまり、視点を変えて、覆いを外し、それまで気付かれずに在ったものを発見すること。それが出来れば業務は別に出版業界にかぎらないのです。

勉子が日々ビジネス書を読んできて、
感じることですが、
「理念がある会社は強い」ということを、
この言葉を聞いて改めて感じました。

それと、ディスカヴァー社員さんの、
ホスピタリティが素晴らしかったです。
みなさんすごく生き生きとしていらして、
日々のお仕事の様子までもが伝わって来るようでした。

勉子よく思うのですけど、
「イベントの空気って目にみえる」のですよね。
いや、あの、、霊的な話しとかではぜんぜんなく…。(笑)

その場いる人達の動き、笑顔、言葉一つ一つが空気を作っていて、
それってもう目に見えるくらいはっきりと
こちらに伝わってくるんです。

ディスカヴァーさんは勢いがあるなと、
イベントを見て改めて思いました。

あと、読者のみなさんのイベントへの巻き込みが
とても上手だなーと思いました。

イベントって、ただ主催している側からの情報を
送っているだけだとあまり意味がなくて、
なので、読者代表masaさんのプレゼンや、
「ミニ読書会」は、読者のみなさんの意見をきく
とてもいい場だったのでは?と参加しながら思いました。

Twitterのつぶやきの中に、

「こんなイベントを開催されたら、
みんなもっとディスカヴァーさんを好きに
なっちゃうじゃないですか!」


というような内容があったのですが、
私が感じたのもまさにそれです。

愛されるイベントのすごい成功例を見たと思ったんですよね。

まとめますと、
愛されるイベントに大事なのは、
「理念」「ホスピタリティ」「巻き込み」なのでは?

そして愛されるイベント作りの最大のポイントは

「自分達がまず楽しんで、
そして相手を楽しませようとしている」


ことなのではないかと思いました!

ディスカヴァーさんでは『ディスカヴァーブッククラブ』
としてこれからも定期的にイベント開催していくそうですよ。
ぜひ空気感を味わってみて下さいね。

>>『ディスカヴァーブッククラブ』

最後にイベントでの記念撮影の写真を載せておきますね。
「思ったことを「メモ」に書いておく」ブログさんより)
参加者全員ではなくて、勉強会仲間のみなさんとですが、
イベントの雰囲気は伝わると思います。

20100307144022.jpg
勉子はニーチェバージョン。
干場社長の赤が決まってますね~

joshiben 編集後記
ミニ読書会でも持っていらっしゃる方が多かった、
『ワンランク上の問題解決の技術』の著者である、
横田尚哉さんが、昨日『情熱大陸』に出演されましたー!

【情熱大陸】
>>http://www.mbs.jp/jounetsu/2010/03_07.shtml

Twitterでは、ひーさま祭りが大変なことになっていて、
Amazonでは『ワンランク上の問題解決の技術』
あっという間に1位。。

いやはや、すごいことです。
でも何より、横田さんの熱いメッセージが
心に響きました。

何かを始める時に、
それは「誰のために、何のために」と考えるだけでも
無駄は減って世の中が変わっていくのではないかと、
勉子も思います。

ぜひこれを読んでいるみなさんも、
「誰のために、何のために」を使ってみて下さいね。

<帰ってきた!ブログランキングの星をめざせ!>
勉子と勉子ママでブログランキングの星を目指しています。
クリックで、応援していただけると嬉しいです!
ill_091110_1.png
ill_091110_2.png 人気ブログランキングへ ill_091110_3.png
ill_100308_1.png
ワンランク上の問題解決の技術《実践編》 視点を変える「ファンクショナル・アプローチ」のすすめ ワンランク上の問題解決の技術《実践編》 視点を変える「ファンクショナル・アプローチ」のすすめディスカヴァー・トゥエンティワン 2008-07-15
売り上げランキング : 1
おすすめ平均


Amazonで詳しく見る by G-Tools

Popularity: 12% [?]

次のページ »

Copyright © joshiben. all rights reserved.